別れさせ屋を利用できる年齢・性別

別れさせ屋は何歳から利用できる?

別れさせ屋を利用するのに年齢制限などが特に設けられているわけではありませんが、業者の独自の判断により断られてしまうケースがあります。

利用者が未成年の場合

依頼者が20歳以下の場合は依頼を引き受けてくれないことが多いです。というのも、民法4条および5条によって未成年者が独断で行った契約は取り消すことが可能と規定されているからです。これは「未成年者契約の取消し」と呼ばれます。

参考:(pdf)独立行政法人国民生活センター「知っておきたい未成年者契約の取消し」

仮に親権者の同意書などがあれば、事例としては少ないですが引き受けてくれるケースも出てくるでしょう。また、20歳以上であっても学生のうちは利用不可能としている別れさせ屋もあるので、依頼前に確認しておく必要があります。

ターゲットが未成年

ターゲットが未成年となる場合は、大人に工作活動をする場合と比べて法的なリスクが高くなります。そのため、ターゲットが未成年の場合は依頼を引き受けてくれない可能性があります。ただし、依頼者が大人で未成年の子供をターゲットとするような場合には利用可能なケースも存在します。 また、別れさせ屋によっては未成年者の依頼に対して、工作活動ではなくうまく分かれるためのアドバイスを伝えるようなところもあります。

利用する年齢層

別れさせ屋は20代から高齢者まで幅広く利用されています。若い人の場合は復讐心や意中の人と付き合いたくて依頼するケースが多いですが、高齢者の場合は熟年離婚などをゴールに依頼することが少なくありません。また、70代や80代の方がターゲットとなり離婚のきっかけを作ってしまうような事例も存在します。

平均年齢

利用者は30代~40代が多く、平均年齢はおよそ45歳です。イメージより年齢層が高めと思う人もいるかもしれませんが、若いうちは高額な報酬を支払うことがそもそも不可能なので、必然的に年配の人の利用が多くなります。

男女比率

別れさせ屋を利用する状況というのは、恋愛事情が関係するため、男女で利用比率に差があると考える人も少なくありませんが、実は男性と女性で利用比率はほとんど変わりません。 ただし、全年齢平均では差がありませんが、年齢事に性別をチェックしていくと少しずつ差が出てきます。たとえば、20代前半の利用者は女性の方が多く、40代~50代になると男性の依頼者の方が増えていきます。

ターゲットの年齢と成功率

別れさせ屋の工作活動はターゲットの年齢によって方針が大きく変わります。また、成功率や工作期間にも影響してきます。

20代

20代は比較的異性との出会いが多く、気持ちの移り変わりが激しい年齢のため、短期間で工作が成功するケースも多いです。ただし、成功率は高めですが、分かれた後にしばらくして復縁してしまうという可能性も比較的大きいため、分かれた後に復縁しないように気持ちをコントロールするような工作活動が求められます。

30代

いろいろなシチュエーションの工作活動が可能となるため、20代と同じく30代も成功率が高めです。また、20代と比べると復縁してしまうことも少ないです。

40代

40代は心が成熟しており、社会的にも自立しているため、工作活動に長い時間がかかる傾向にあります。また、既婚者の場合には不貞行為によるリスクを重視するため、成功率が低めとなります。

50代以上

依頼件数自体が少なく、工作期間・成功率ともに難易度が高めとなっています。繊細な工作活動が必要となるため、費用も高くなりがちです。

別れさせ屋を利用する人の年齢はさまざま

別れさせ屋は主に20代以上の人の依頼を受けますが、場合によっては未成年であっても利用することが可能です。支払いは高額ですが、それを踏まえてでも利用価値がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。