利用しない方がいい人ってどんな人?

人によっては利用しない方がいい場合もある

別れさせ屋の利用は、経済的・精神的負担が大きいものです。そのため、依頼者の状況や依頼内容によっては別れさせ屋を利用する前に検討する時間を設けたり、依頼をやめたりするのがより良い選択となるケースが存在します。別れさせ屋の利用を希望する場合、まずは利用しない方がいい状況に自分が当てはまっていないか確認しましょう。

既に犯罪に近い行為を行ってしまっている人

依頼者の中には、依頼前に既に犯罪に近いような行為を行ってしまっている人がいます。以下のような行為をしたことが無いかまずは確認してみましょう。

  • メールや電話を何度も繰り返す
  • ターゲットの職場や知り合いに個人情報や嘘を伝える
  • ターゲットを尾行したり、何度も自宅を訪ねる

該当する人はすぐにこれらの行動をやめると共に、別れさせ屋への依頼もやめるべきです。被害届を出されれば本当に犯罪者となり後戻りができなくなります。これらの行為は犯罪との境界が非常に曖昧ではありますが、犯罪となる可能性があることを自覚しましょう。

復讐目的の人

復習目的で別れさせ屋に依頼する人も少なくありません。依頼の目的に善し悪しはありませんが、復習目的の人は冷静さを失っていることが多いため、本当に必要な依頼なのか自問自答する時間を設けてはいかがでしょう。また、別れさせ屋は良心的な業者だけが行っているわけではなく、何の成果も上げられずに高い報酬だけを要求する業者も存在します。復習目的の人はそのような業者に特に騙されやすいので注意しましょう。

ターゲットに警戒されている人

すでにターゲットに警戒されている可能性がある場合、工作が成功する難易度が高まっているため、少し時間を空けてから依頼することをおすすめします。もし、別れさせ屋の介入がバレてしまった場合は、ターゲットと依頼者との関係性に大きな傷を付けてしまう可能性もあります。独断でターゲットの身辺調査を行ったり、不自然に接触したりすると警戒される恐れがあるので、依頼前はむやみな行動は避けるようにしましょう。

妊娠している人

一般的に、別れさせ屋の利用は依頼者の精神的な負担が大きいです。男女が普通に破局するだけでも心の葛藤があるのに、それを自分の依頼で行うというのは想像以上に負担となるものです。妊娠している場合、情緒不安定な状態が続くとその後の出産などに大きな影響を及ぼす可能性があるため、別れさせ屋は利用しない方が無難でしょう。

経済的余裕がない人

通常、別れさせ屋への依頼は数十万円ほどの支払いが発生します。基本的に、経済面である程度の余裕がなければ利用することができないと言えます。

また、業者によって費用が大きく異なるのも1つのポイントです。なかには格安で依頼を請け負う業者もありますが、実際には全く工作を行わずに費用だけ請求するケースも存在します。経済的余裕がないとどうしても格安を謳う別れさせ屋に依頼し、安かろう悪かろうという結果になってしまいがちです。特に、格安の別れさせ屋は具体的な工作内容を伝えず、成功か失敗か結果だけを伝えることもあります。格安とはいえ、せっかく高い費用を払ったのに具体的な内容も分からずに失敗となると納得できませんよね。

期間に制約がある人

2週間以内に分かれさせたい、という風に期間に制約がある依頼はしない方が無難です。というのも、工作の方針は状況によって大きく変わるため、場合によっては長い期間をかけなければいけないからです。もし、期間の制約の焦りからターゲットに工作がバレてしまっては元も子もありません。なるべく、プロが提案する成功率が高い方法を取りましょう。