別れさせ屋ガイド » そもそも別れさせ屋とは?【業界を知るポイント集】 » 別れさせ屋の工作はどんな感じ?そもそも工作員とは

別れさせ屋の工作はどんな感じ?そもそも工作員とは

別れさせ屋は、様々な人間関係のトラブルを解消するために別れさせる工作を秘密裏に行い、目的を達成します。

別れさせ屋の多くは探偵社が営んでいます。情報収集に必要な尾行や張り込みを適正化するには、探偵業法という法律に則って、各警察署に探偵業登録をする必要があるからです。

元々は、夫婦関係修復のために愛人との関係を解消する工作を行ったのが、このサービスの始まりでしたが、最近ではこちらが主体となっていることが少なくありません。別れさせ屋とは、ある探偵社が作った造語です。

依頼内容によって、工作手法はそれぞれ異なります。

工作員の入念な調査を元にシナリオを考案し、それに沿って工作を実行していきます。自然な形で対象者と接触をしながら、その都度様子を撮影し、依頼者に報告します。

工作員はそれぞれの得意分野・専門分野で力を発揮し、途中でのアクシデントにも臨機応変に対応して、チームプレーで目的を達成します。

別れさせ屋の工作方法

「実際に別れさせ屋に依頼した場合、どのような方法で進めていくの?」という点は、気になるところなのではないかと思います。対象者の性格や生活スタイルなどの背景により、工作方法はさまざまなので一概には言えませんが、以下にその代表例を紹介していきましょう。

カップルを別れさせる方法には、「これだ!」という確実に決まったものはありません。個々のケースによって全部違います。

カップルを別れさせるためには、それぞれの状況や環境、対象者の性格などを分析して細かくプランを練り、実行していきます。工作方法を考える上では、特に対象者の人物像を把握することが、重要なポイントになります。対象者の性格や環境を冷静に分析し、それに最適な工作方法を客観的に考え実行していくことが、成功率を高くすることにつながります。

そのためには、詳細な情報収集が不可欠になります。

依頼者から細かく情報を聞き出し、もし足りない情報があれば工作員が張り込みや尾行などをして収集します。

別れさせ屋工作の方法として一般的なのは、対象カップルのどちらかに異性の工作員を近づけて恋愛関係に陥らせ、浮気の既成事実を作って、カップルの仲を引き裂くという方法です。

相手もしくは本人の浮気を、別れる原因にするのが有効な方法だからですが、ただ浮気だけが別れる原因にはならないカップルもいます。

対象者の性格を見て、異性を近づけるか、または別の方法を考えるかを決めます。異性を近づける以外の方法の、三つの例を挙げてみます。

  1. 事前調査において得た情報を利用する。例えば不倫・犯罪・違法行為・借金・隠し事・秘密・ギャンブル・対象者を恨んでいる人物・身内からの反対などの情報をうまく利用して、別れざるを得ない状況を作っていく。
  2. 異性ではなく同性の工作員を近づけて、友人関係を作ることから始める。気が許せて何でも話せる関係を築いたら、別の異性を紹介する、別の異性にも目を向けて今の人と別れるようにすすめるなどの方法をとる。
  3. 対象カップルに、工作員がカップルまたは夫婦として近づき、男性同士、女性同士が仲の良い関係を築く。その後に、浮気に持っていったり嘘を交えたりして、対象カップルの仲を裂く。

以上のように、対象者の心理をつく方法で工作をすすめる方法があります。

別れさせ工作の最初の大事なポイントは、もし警戒心の強い対象者であれば、どういう方法で近づき、心を開いてもらえるようにするか、ということです。

別れさせ屋に依頼する場合は、対象者の性格や環境、現状の生活習慣など、詳細な情報を伝えることが、非常に大切です。

対象者の弱みを利用する

別れさせ屋の実働には「事前調査」が含まれます。「実際の工作を行っていないのに実働なんて…」と侮るなかれ。ここで対象者の身辺から有力な情報を引き出せれば、工作が最短で行えるケースも多くなっています。

【工作に利用できる対象者の弱み】

  • すでに浮気相手がいる。
  • 犯罪や違法行為を行っている。
  • 依頼者に告げていない秘密、犯罪歴がある。
  • 身内に問題を抱えている人間がいる。
  • 誰かにひどく恨まれている。
  • キャバクラ、ホストクラブ、風俗、ギャンブルなどのいずれかに、
    常習癖がある。

対象者に上記のような問題があれば「別れの原因」として、最大限活用されていくことになります。

同性の工作員が接近する

対象者に同性の工作員が接近し、信頼関係を築きます。 そのうえで対象者の本音をさまざまに引き出していく方法です。以下のように展開します。

  1. こじれている対象者の恋愛話を引き出し、
    献身的なアドバイスを与え、穏便に解決する。
  2. 対象者が頑固で説得できない場合、
    異性の工作員を友人のように紹介して浮気に発展させる。
  3. 事前調査ではわからなかった、対象者の新たな弱みを探り出す。

同性の工作員の接近は、対象者が女性であった場合に功を奏しやすくなっています。また対象者が男性でも「なるべくなら、浮気工作を選択したくない」という依頼者の希望がある場合に、有効な手段です。

異性の工作員が接近する

対象者に異性の工作員が接近し、信頼関係を築く方法です。架空の恋愛関係を演出することで、具体的な「別れの口実」へと結実させます。また依頼人も参加し、工作員カップルとの夫婦ぐるみの付き合いを発展させる中で、火種を仕掛けるという方法もあるようです。

その采配は業者や工作員により異なりますが、対象者との肉体関係が「管理売春」や「公序良俗違反」として法に触れる可能性もあるので要注意。万が一工作がバレてしまった場合、依頼人自身に火の粉が飛んでくる可能性もあります。

異性の工作員の接近は、別れさせ屋の最も一般的な方法ですが、依頼の際には内容の確認を。手口は慎重に検討する必要がありそうです。

工作員に依頼する人

別れさせ工作を依頼する人は、どのような人なのでしょうか。

多いのは、現在恋愛中の人や既婚者で、恋人とその浮気相手、あるいは夫や妻の不倫相手と別れさせて欲しい、という依頼です。早く自分の元に戻ってきて欲しいという気持ちから、別れさせ屋に頼ってしまうのでしょうね。

また、子どもや兄弟姉妹などの身内と、交際相手を別れさせたい依頼者もいるようです。家族の幸せを親身に思うあまり、ふさわしくない相手との交際を断ち切らせたい、ということだと思います。

意外に多いのが、元恋人と現在の交際相手とを別れさせて欲しいという依頼。別れた恋人が忘れられなくて復縁を強く望んでいる人が、このような手段に出るようです。元恋人が交際相手と別れてくれれば、自分とよりを戻してくれるかもしれないという希望を持っているのでしょう。

相談・依頼から工作完了までの流れ

別れさせ屋に依頼してから工作が完了するまでの流れを紹介します。

依頼をするとすぐに工作を実行して、別れさせられるわけではありません。

実際に工作を始めるまでには綿密な準備が必要になるし、対象者の気持ちをすぐには動かせるものでもないし、工作を成功に導くためにはある程度の時間がかかります。

工作の流れは、つぎのようになります。

【工作の流れ】

  1. 相談・問い合わせ
  2. 面談
  3. 契約
  4. 調査
  5. 別れさせ工作

1の相談・問い合わせは、別れさせ屋に電話やメールで相談内容を伝えます。

その後で、ステップ2の面談に入ります。最初の面談は、別れさせ屋にとって大事な情報収集の場です。聞き取りをした後に、プランの提案や費用の提示があります。

相談者と別れさせ屋が、依頼・引き受けの合意をすると、3の契約に移ります。

まず、「契約前重要説明事項」「受領書類に関する誓約書」「調査・工作契約書」の3つが揃っているかを確認します。「契約前重要説明事項」と「受領書類に関する誓約書」を取り交わすことは、探偵業法で決められています。この二つの書類を交換して初めて、契約書を交わすことができるのです。

この時に大事なのは、契約書内容の確認です。別れさせ工作の期間や実働回数、工作内容、どういう状態になった時に工作完了とみなすか、などが細かく明記してあるかをきちんと確認しておきます。

口頭で「頑張って必ず成功させます」と言われても、具体的な内容が明記されていなければ、果たして本当に実行してくれるのか、疑わしいものです。

契約書を交わすと、4の調査に入ります。対象者の現状把握のために行う調査は、その後の工作方針や成果を左右する大事な過程です。現在の交際相手の特定や、性格、生活スタイルなど、対象者の現状を調査することが、工作方針の決定、方法の考案、成功率アップのカギになります。

綿密な調査をして工作方法を決定すると、いよいよ5の工作行動の開始です。自然な形で対象者に近づき、工作を実行します。

以上が流れになります。

別れさせ屋に依頼する時に注意したいのは、悪徳業者に引っかからないことです。相談をしたらすぐに高額な費用を請求したり、契約を急がせたりする業者、面談時にいい加減な対応をする業者、契約書内容が曖昧な業者など、少しでも不審に思ったら、その業者は避けた方が無難です。

誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう。

工作の難易度

別れさせ屋に依頼をすると、対象カップルを別れさせることは簡単にできると思いがちですが、決してそんなことはありません。

個々のケースによって比較的スムーズにいったり、困難だったり、別れさせ工作にもそれぞれ難易度があるのです。工作を開始してからでないと、難易度を推し量ることができないケースも多々あります。

事前調査や情報が不足している場合は特に、難易度の予測が難しくなります。

対象者の性格や行動パターン、現在の環境など、詳細な情報が多くあるほど、分析も正確に行うことができますが、情報が不足している場合には分析もできず、難易度も予測不可能になることが多い、ということを念頭に置きましょう。

もし正確な難易度を把握したいのであれば、別れさせ屋に相談する時に、対象者の情報を詳細に伝えておきましょう。別れさせ屋が簡単な聞き取りをするだけで、難易度が予測できるような状況もあります。

次の3つのケースの難易度をみてみましょう。

【ケース別難易度】

  1. 接触可能なポイントがわかっており、簡単に近づくことができるケース。
  2. これは、難易度が低いということがわかりますね。

  3. 対象者の行動パターンをつかむことが難しく、把握できないケース。
  4. このケースは、難易度がやや高くなります。

  5. 対象者に接触することが困難だとわかっているケース。
  6. このようなケースだと、難易度は非常に高くなります。

以上のように、現状をざっと聞き取りしただけでも、難易度が簡単にわかることもあります。

別れさせ工作の難易度を決定するのは、対象者との最初の接触がスムーズにいくかどうか、ということです。これさえうまくいけば、難易度のハードルはぐっと低くなります。

工作の難易度が高く困難で失敗する多くの場合は、接触が難しい、できない、不自然になる、接触はできたもののその後につないでいけない、というようなことが原因になっています。

自然に接触できるチャンスをいかに早く持つことができるかが、成功率に大きく関わってくるのです。工作費用と期間短縮にもなります。

別れさせ工作の難易度予測は接触ポイントだけでなく、対象者の性格や生活習慣、警戒度、情報量なども要素となり、あらゆる角度から判断・予測していきます。相談する際には知っている情報をすべて伝えましょう。

難易度が低いケース

別れさせ工作の成功のポイントは、対象者への最初の接触がうまくいくかどうかということですが、では、接触の難易度が低いのはどのようなケースなのでしょうか。

対象者の職業が接客業である場合は、比較的難易度が低いといえます。接客業とは、いつも決まった場所にいてそこに行けば接触できる可能性が高い、水商売・ウエイトレス・店員・受け付け業務などです。シフトが、定期的か把握できればなお良いでしょう。シフトが不定期な場合や欠勤が多い場合は、少し難しくなります。

性格がフレンドリーでオープンな対象者は、難易度が低くなります。このような人は、友人が多く社交的で人見知りをせず、誰とでもすぐに仲良くなることができるので、自然な形で近づくことができます。警戒心が弱い人も多いので、親しくなるのに時間がかかりません。

また、生活が割と規則正しくルーティンがある程度決まっている人も、立ち寄り先などが特定しやすいので、接触できる可能性が高くなります。例えば出退勤途中にいつも決まったコンビニに寄るとか、何曜日には習い事に行くとか、ランチに行くお店が決まっているとか、です。このような場合は、その場所で近づけるチャンスが多く、難易度が低いケースになります。

対象者がトラブルを抱えていないことも、難易度が低くなります。仕事や家族、金銭面、体調などに何らかのトラブルや悩みがある人は、気持ちに余裕がないので工作員が接触できても、新しい人間関係を築くのは難しいかもしれません。

対象者に接触するには様々な情報提供がとても役に立ち、費用も安く抑えられます。情報が役に立つかどうかは自分で判断せずに、些細なことでも知っていることは、すべて伝えましょう。情報は多いに越したことはありません。

難易度が高いケース

難易度の高いケースは、対象者の生活習慣や日常の行動パターンが不規則な場合、閉鎖的で人見知りで警戒心が強いような性格、接触するタイミングや接点がつかめない場合などです。

仕事柄シフトが不規則で、移動手段なども決まっていない人、家族関係や病気、妊娠中、小さい子どもがいるなど、いつ何が起こるかわからない環境にいる人は、接触するタイミングを計ることが難しくなります。

人見知りで閉鎖的な人は他人との接触を嫌がり、新しい人間関係を築けないことが多く、警戒心が極端に強いために、過去に尾行がばれてしまった例もあります。思想や宗教に傾倒している人も、その壁を取り払うことは難しいでしょう。

また、職場が自宅などで生活の行動範囲が限られていて外出することも少ない人や引きこもりの人、毎日寄り道もせず自宅と職場の往復のみの人、常に誰かと行動を共にしている人などは、接点をつかむことがなかなかできません。

接触する際には、基本的に対象者が一人の時が最も良いタイミングなのです。同行者がいれば目撃者となり得るわけで、工作員のことを怪しい人物としてインプットされてしまうと、その後の工作に支障をきたす可能性が大きくなります。

別れさせ屋の工作員は、どんな状況でも臨機応変に対応していますが、疑われることがない状況を作らないためにも対象者一人の時に接触するのがベストです。

最初の接触で無理をして工作員に不信感を持たれるなどすると、後の工作がうまくいきません。

日常生活の中で、対象者と自然な形で人間関係を作れるように進めるのが、最も良い方法です。

難易度の高い場合は、あえてリスクを負うのか、またはあくまでも自然な形だけを取っていくのかを決めた上で、方針を考える必要があります。