別れさせ屋ガイド » そもそも別れさせ屋とは?【業界を知るポイント集】 » 別れさせ屋に依頼中(工作中)に注意するべき3つのポイント

別れさせ屋に依頼中(工作中)に注意するべき3つのポイント

別れさせ屋に依頼中(工作中)の時に依頼を成功させるために気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

依頼者の行動が成功率を上げる

人を相手にした依頼(工作)である以上、成功率100%というわけにはいきません。依頼者や対象者の状況や環境、感情などによって成功させるのが難しい別れさせ・復縁があることも事実です。

ただし、依頼者の注意深い行動で、成功率を上げることはできます。依頼の期間がある程度長期間になる場合など、依頼者の行動によって依頼が失敗に終わってしまうケースも少なくありません。これからご紹介する3つのポイントはどこの別れさせ屋に依頼する場合にも共通する注意事項です。3つのポイントにしっかり注意して、依頼を成功させましょう。

ポイント1:相手にばれないようにする

別れさせ屋に依頼する際に最も避けなければならないのが、対象者に「依頼が発覚」することです。対象者にばれてしまった段階で、依頼の成功率は限りなく低くなると考えていいでしょう。そこで依頼の前後から、相手にばれないようにするための工夫が求められます。

まず、別れさせ屋の名刺や契約書、その他の郵便物などは、隠しておく場所をしっかり決めておく必要があります。対象者に直接でなくても、共通の友人や知り合いが自宅に遊びに来た際に関係書類を見てしまう、というケースはよく起こります。

メールや着信履歴にも注意が必要です。誤送信などで依頼が発覚してしまうこともあるので、不要なメールに関しては削除したり、ロックがかけられるフォルダに保存、着信履歴はその都度削除するなどの工夫が求められます。

対象者が同じ会社や部署の場合、依頼期間中も接点を避けられません。対象者しか知りえない情報なども、依頼を通じて工作員から聞くことがあります。そうした内密な情報を対象者や第三者に漏らしてしまうと、不審に思われて依頼が発覚することがあります。そのため別れさせ屋に依頼中は、普段の態度や会話の内容などにも注意しましょう。

ポイント2:コンタクトは取らないようにする

復縁を目的とした依頼の場合以外では、基本的には依頼した後は工作員に任せきりになる場合が多いです。依頼期間が長いと、その間に進展があるのかどうか気になって対象者や共通の友人にコンタクトを取って情報収集しようとされる依頼者の方がいますが、これはNGです。

不用意に対象者や共通の友人にコンタクトを取ってしまうと、普段と異なる態度や、調査でしか知りえない情報を漏らしてしまう危険性が増します。そのため別れさせ屋に依頼中には、対象者が同居している場合などを除いては、コンタクトを最小限に抑える必要があります。

ポイント3:業者に任せきりにしない

復縁を目的とした別れさせの依頼の場合には、業者に任せきりにしているだけではなかなか依頼が成功しません。というのもそもそも依頼者と対象者の関係が終わってしまったのにも原因があるからです。

別れてしまった原因が依頼者にもあるのであれば、別れさせ屋のサポートの下、原因を解決する努力が求められます。そうでないとせっかく復縁したのにまた同じ原因で別れてしまう可能性が高くなります。