成功率はどのくらい?

このページでは、別れさせ屋がよく宣伝に用いている「成功率」について、そもそも信用できるものかどうかなどを中心に調べています。

別れさせ屋の成功率

別れさせ屋に相談するといっても…成功率が気になる女性画像悩みに悩んだ末、別れさせ屋への依頼を決意した場合、誰でも業者選びには慎重になると思います。その選択基準のひとつとなるのが別れさせた「成功率」。過去にどのぐらいの事例を成功に導いてきたかどうかは、当然大いに気になるところでしょう。

しかし結論から言ってしまうと、成功率は別れさせ屋選びの明確な基準にはなりません。その理由は、以下の通りです。

  • 人がいて工作が成り立つ対人の作戦だけに、100%などはありえない。
  • 利用者の多い一般的な業種ではないだけに、
    誇大で過剰な宣伝文句も厳しく取り締まられていない。
  • 簡単な案件ばかりを受けて「成功率90%」などと謳っている業者がいる可能性もある。

いくら「当社は非常に高い成功率を誇っています」と案内されたとしても、肝心の自分のケースで成功をしてくれなければ意味がありません。

また例えば、クリニックでの施術などのように多くの人が利用する業種であれば、ましてや医療行為だけに行政も厳しい指導の目を光らせます。ところが「別れさせ屋」は業種自体がニッチ。成功率などのあやふやな宣伝文句は、ほぼ自己申告と考えて間違いないのです。

「じゃあ、どの業者も信用できないの…?」。思わずそんなふうに悩んでしまいそうですよね。

より良いやり手の「別れさせ屋」の探り方

では別れさせ屋に相談する際、成功率に関してどのような基準で情報を吟味していけばよいのか考えてみましょう。

  • あまり期待し過ぎず、成功と失敗の確率は五分五分だと覚悟しておく。
  • 高い成功率は話半分に聞き、数字そのものを重視し過ぎないようにする。
  • 過去の成功率ではなく、自分のケースはどのくらいの割合で成功しそうか、
    直接尋ねてみる。

いかがでしょうか?業者が提示するところの成功率にばかり振り回されるのはNG。それよりも自分のケースによく耳を傾け、別れさせの手口を親身に考えてくれる業者を選ぶことが何よりも大切です。

また業者全体のシステムや対応もしっかりとチェックしたうえで、別れさせ屋に依頼するかどうかを考えていきましょう。