成功率はどのくらい?

このページでは、別れさせ屋がよく宣伝に用いている「成功率」について、そもそも信用できるものかどうかなどを中心に調べています。

別れさせ屋の成功率

別れさせ屋に相談するといっても…成功率が気になる女性画像悩みに悩んだ末、別れさせ屋への依頼を決意した場合、誰でも業者選びには慎重になると思います。その選択基準のひとつとなるのが別れさせた「成功率」。過去にどのぐらいの事例を成功に導いてきたかどうかは、当然大いに気になるところでしょう。

しかし結論から言ってしまうと、成功率は別れさせ屋選びの明確な基準にはなりません。その理由は、以下の通りです。

  • 人がいて工作が成り立つ対人の作戦だけに、100%などはありえない。
  • 利用者の多い一般的な業種ではないだけに、
    誇大で過剰な宣伝文句も厳しく取り締まられていない。
  • 簡単な案件ばかりを受けて「成功率90%」などと謳っている業者がいる可能性もある。

いくら「当社は非常に高い成功率を誇っています」と案内されたとしても、肝心の自分のケースで成功をしてくれなければ意味がありません。

また例えば、クリニックでの施術などのように多くの人が利用する業種であれば、ましてや医療行為だけに行政も厳しい指導の目を光らせます。ところが「別れさせ屋」は業種自体がニッチ。成功率などのあやふやな宣伝文句は、ほぼ自己申告と考えて間違いないのです。

「じゃあ、どの業者も信用できないの…?」。思わずそんなふうに悩んでしまいそうですよね。

より良いやり手の「別れさせ屋」の探り方

では別れさせ屋に相談する際、成功率に関してどのような基準で情報を吟味していけばよいのか考えてみましょう。

  • あまり期待し過ぎず、成功と失敗の確率は五分五分だと覚悟しておく。
  • 高い成功率は話半分に聞き、数字そのものを重視し過ぎないようにする。
  • 過去の成功率ではなく、自分のケースはどのくらいの割合で成功しそうか、
    直接尋ねてみる。

いかがでしょうか?業者が提示するところの成功率にばかり振り回されるのはNG。それよりも自分のケースによく耳を傾け、別れさせの手口を親身に考えてくれる業者を選ぶことが何よりも大切です。

また業者全体のシステムや対応もしっかりとチェックしたうえで、別れさせ屋に依頼するかどうかを考えていきましょう。

別れさせ屋の成功率を下げている失敗ケースとは?

失敗がつきものの別れさせ屋ですが、どのような失敗ケースがあるのでしょうか。

事前に押さえておきましょう。

時間や費用の制約で途中で契約が終了する

依頼者側が原因の失敗ケースです。

別れさせ屋の工作は、1日2日で終わるものではありません。数週間から数カ月に及ぶのが一般的です。そのため、工作が成功して対象者が別れてくれるまでには相当の時間がかかります。あまりにも時間がかかって依頼者が待ちきれなくなり、契約を途中で終了させてしまうことがあります。

それ以上に多いのが「費用」の問題です。つまり、別れさせ屋に依頼するお金が底を尽きてしまい、泣く泣く契約を終了せざるをえないパターンです。

別れさせ屋への依頼を決意する前に、半年や1年にも渡る工作費用を捻出できるかどうかは確認しておきましょう。中途半端な期間だけ工作して、結局対象者が別れなければ、費用と時間の無駄になってしまいます。

対象者にバレてしまう

対象者に別れさせ屋に依頼したことがバレてしまうと、ますます別れさせることができなくなってしまいがちです。

別れさせ屋は極力対象者にバレないように工作しますが、一定の割合でバレてしまうことはあります。

  • 不自然な接触
  • 無理な尾行

こういった原因のほか、依頼者のミスによって対象者に工作がバレてしまうこともあります。例えば、次のようなケースが多く見受けられます。

  • 依頼者と別れさせ屋との間のメール連絡を対象者に見られてしまう
  • 別れさせ屋との契約書類を見られてしまう

別れさせ屋側のミスでバレてしまうのはともかく、依頼者自身のミスで対象者に工作がバレてしまうのだけは絶対に避けましょう。もし離婚裁判などを考えている場合には、慰謝料支払いなどで不利になってしまう可能性もあります。

対象者が別れてくれない

身も蓋もない話ですが、どれだけ工作しても対象者が別れてくれないこともあります。

肉体関係だけの不倫関係だったのが徐々に親密度が増してしまい、元の夫婦関係を解消して結婚まで考えるようになった場合などがあげられます。

もはや別れさせ屋の工作だけではどうにもならないケースです。

別れさせ屋から工作の継続を断られる

別れさせ屋が何らかの事情で工作を続けることが困難と判断するケースです。

対象者との接触に身の危険を感じたり、警察沙汰になりそうだったりといった場合、別れさせ屋は躊躇なく工作を中断します。また、対象者の新しい恋人関係を構築しようとして失敗し、別れさせ屋が工作を断念するケースもあります。

優良な別れさせ屋ほど、恋人関係の構築が難しいと判断した時点で別れさせ工作の中断を提案してきます。一方で悪徳別れさせ屋は、いつまでも成功する見込みのない工作を続け、依頼者の工作費用を無駄にする傾向にあります。

依頼者の気が変わってしまう

意外と多い失敗ケースが、依頼者の気が変わってしまうパターンです。別れさせ工作の過程で報告された対象者の事実に、精神的ショックを受けてしまう場合があるのです。

  • 対象者の不倫相手が知り合いだった
  • 対象者が同性と肉体関係にあった

このような衝撃的な事実が発覚すると、別れさせるのを諦めてしまうケースにつながりがちです。

別れさせ屋がそもそも工作をしていない

悪質な別れさせ屋は、工作費用だけを取って、実際の別れさせ屋工作をしていないこともあります。

依頼者には嘘の報告を続け、「もう少しで別れさせることができる」とズルズルと工作費用を取り続けるのです。

工作報告にあまりにも具体性がない場合には、別れさせ屋が本当に工作をしているかどうかを疑ってみるべきです。

いかがでしたでしたか。このように、別れさせ屋には失敗がつきものです。成功率が低すぎるのも考えものですが、90%を超えるような成功率を掲げる別れさせ屋も、逆に不自然だといえます。別れさせ屋が公表する成功率を、あまり鵜呑みにしすぎるのは危険です。

成功率だけで別れさせ屋を選ぶのではなく「口コミや評判が良い」「費用対効果が高い」「強引な契約が無い」などといった基準で業者を選ぶようにしてください。当サイトでは6つの優良別れさせ屋を厳選しています!