悪徳業者のやり口とは?

このページでは、詐欺まがいの業務を行う、別れさせ屋の悪徳業者について調べています。詐欺的かつ狡猾な手口や、悪徳業者の見分け方を解説しましょう。

悪徳な別れさせ屋の詐欺まがいな手口とは

別れさせ屋への依頼を検討していると「悪徳業者だったらどうしよう…」という不安がつきまといます。今現在でもただでさえ不透明な業界。確かに過去には、以下のような手口の業者がいたようです。

  • あなたを詐欺するかもしれない悪徳業者の画像手段を選ばず、違法行為や危険な業務を行う。
  • 高額な金額を受け取り、実際には何もしていない。
  • 相談に行っただけなのに、無理矢理契約を結ばせようとする。
  • 契約後、急に連絡が取れなくなる。

このような手口で依頼者を騙すやり口は「詐欺」ですので、業者自体が摘発されるなどの結果を招きます。近年は「別れさせ屋」の存在がメディアに取り上げられることも多くなっていることもあり、あからさまな悪徳業者は存在しにくくなっています。

とはいえ業務内容がいまひとつ不鮮明なうえ、結果が出ないままで依頼を後悔したというケースが、完全になくなったわけではありません。以下のような業者には、充分注意してください。

費用設定が妙に低い

別れさせ屋の平均費用は、120万~140万円程度と言われています。決して安い出費ではありませんので、リーズナブルな価格の業者を見つけたいなあと、つい心が動いてしまうのも頷けます。

しかし別れさせ工作は、最低でも2人以上のスタッフを動かしながら、2カ月程度の期間で結果を出していくもの。人件費や交通費などを考えると、それなりの費用がかかるのも、充分納得できるはずです。つまり費用が低ければ、それだけ仕事は手抜きで粗くなるのです。

中には着手金の受け取った後、何もしない業者や、 格安で受注しておいて、後から理由をつけ多額の料金を請求するという悪徳業者も…。 激安価格には必ず落とし穴があるので、近づかない方が無難ですよ!

工作内容をきちんと説明しない

実働をなるべく省いているのに「計画がうまく進んでいません」などデタラメの虚偽報告をして、契約期間を長引かせようとする悪徳業者がいます。また「その方法で成功するの?」と尋ねても「うちの工作員はベテランだから大丈夫」「この方法なら失敗しない」など、強引に説き伏せようとする業者もいます。

特殊な業界であることは確かですが、安くない料金を設けている以上、別れさせ屋も一般企業。ビジネスの視点から見て常識的な対応ができないような業者と、契約すべきではありません。相談の際には、以下の点を厳しくチェックしましょう。

  • 頼んだはいいものの悪徳業者だったらと不安げな女性画像メールの問い合わせの対応は迅速か。
  • 実店舗を持っているか。
  • 料金体系は明朗か(下限~上限を確認)。
  • 契約後の経過報告をシステマティックに行っているか。

もちろん、依頼者の話に親身に耳を傾ける対応は、最低限必要です。

工作がうまくいってほしいと結果を焦ったり、安い費用に惑わされて悪徳業者と契約してしまわないよう、慎重な姿勢は必ず持っていてくださいね。